【最新】金正恩亡命の可能性は何パーセント?準備はどこまでしてるのか

北朝鮮リーダー、金正恩氏。

挑発行為が続く今後の金氏はどうなるでしょうか。

亡命の可能性とその準備はあるのか調べてみました。

 

スポンサーリンク  

 

亡命の可能性は何パーセント?

金氏も狙われている自覚は十分にあるでしょう。

 

何パーセントの可能性があるのか、実際のところわかっていませんが個人的に気になったのでタロットカードで金氏の思惑を占ってみました。

 

超個人的な予想では20パーセントから30パーセントです。

(※ここ最近から半年以内の予想)

金氏の気持ち的には亡命も視野に入ってきているのかもしれません。

 

ただ「すぐに実行に移す」という感じではないと出ました。

中国からの積極的な働きかけに耳を傾けつつはあるようです。

しかし、金氏の心と体は一致していません。

 

やはりリーダーたるもの、簡単にプライドを手放すタイプではないのでしょうか。

 

すでに金氏が素直に聞き入れていたとしたら、ここまで緊迫した情勢になっていなかったことでしょう。

 

頭の固そうな金氏のココロをいかに手っ取り早く、解きほぐしていくのかに今後の未来がかかってそうです。

 

中国側は4月末までに金氏に決断させようと試みていますが、やや手こずっているのかもしれません。

 

なかなか一筋縄ではいかないようです。

 

準備資金は父親のお金で?

亡命先で暮らしていく準備もひそかに進めている可能性があります。

具体的には明らかになっていません。

 

金氏の父親金正日氏が2000年代にフランスへ金一族で亡命しようと計画した時がありました。

 

その当時は40億ドルの資金を準備していたと言われています。

金正恩氏が亡命する時にもこの40億ドルを利用すると考えられています。

 

カリブ海に浮かぶ島、バージン諸島など数十カ国に分散して保有しているんだとか。お金に困ることはなさそうですね。

 

金氏が気をつけるのは食生活と健康でしょうか。

チーズやステーキなど高カロリーな食事を好むようなので。

 

スポンサーリンク  

 

亡命先の国はどこ?

候補としては、中国やモンゴル、フランスなどの名前が上がっています。

新たな情報がわかり次第追記します。

 

まとめ

・亡命の可能性はまだ低い

・水面下で準備中か

周辺諸国かフランスが亡命候補

スポンサーリンク