中園ミホの占いは当たるのか?占い師に導いた師匠は誰?

 

脚本家で活躍中の中園ミホさん。

阿川佐和子さんの結婚を占いで後押しすることとなりました。

この記事では中園さんの占いは当たるのか。

占い師に導いた師匠はいるのか。

それは誰なのか調べてみました。

 


スポンサーリンク  

 

中園ミホの占いは当たる?

中園さんの占いは四柱推命を用いた方法。

簡単に四柱推命を説明すると

生まれた年・月・日・時の四本の柱をもとにその人の運命を占うもの。

引用元:https://kotobank.jp

だそうです。

 

占いは100パーセント当たるという保証はありませんが、中園さんの場合は10代の頃から四柱推命の腕を磨いてきたようなので、経験値はそれなりにあるのでしょう。

脚本家でもある中園さんは人を観察する目がかなり肥えてそうですね。そういった人間観察眼も占う際のアドバイス時に一役買っていたりするのかも。

「こうしたらいいよ~」と導いてくれる内容も大切ですが、後押しとなるような声かけを直接してもらえるところに言葉のパワーが宿りそうな気がします。でも、元占い師としての「信頼と実績」で当たる確率は大きいと言えるのではないでしょうか。

 

中園さんを占い師に導いた師匠は誰?

14歳の頃に(中園さんの)母親の友人であった二人の友人から占いを習ったことが始まりだったそうです。

たまたま占い師とのつながりがあったのでしょうか。中園さんのお母さんはかなり謎めいた人ですね。その教えてくれた人が有名占い師だったかはわかりませんでした。

 その母親の友人とは別に中園さんが24歳の頃、ある女性占い師のもとで助手をしていたこともあるそうです。こちらも残念ながら誰なのかは不明。

中園さんは現在50代後半なので、師匠と呼ぶ方はけっこう高齢なのではと想像してます。

占いに関することをメディアで突っ込まれた際は、もしかしたら師匠のことを話す時があるかもしれません。

 

中園ミホ まとめ

・信頼と実績で当たる

・師匠は誰なのか不明

 占う側も人間なので100発100中はないでしょう。

当たると信じれば、運も良い方向に進んでいくのだと思います。

師匠は不明なので、誰と聞かれれば中園さんの口から発言があるかもしれませんね。今後に注目です。

 


スポンサーリンク